腰痛の原因は?腰痛の基礎知識

健康寿命 腰痛予防 知識

腰痛は日本人の約8割が経験する国民病です。

しかし、レントゲンやMRIなどで原因が特定できる腰痛(特異的腰痛)はわずか15%であり、残りの85%は原因が特定できない腰痛(非特異的腰痛)といわれています。

腰が痛い原因を医学的に診断できない方がほとんどなのです。
では、腰痛に対して何もできないのか?・・・という訳でもありません。

まずセラピストと患者さんが正確な腰痛の知識を持つことが、治療における第一歩となります。

そして知識の共有化により治療効果は格段に上がります。

今回はそうした視点で腰痛の基礎知識をご紹介していきます。

腰痛とメンタル 病は気から!

腰痛は長引いてしまうケースが一番怖い!

冒頭でも紹介した通り、非特異的腰痛の原因はわからないことが多いのですが、
通常1ヶ月から2ヶ月ぐらいで治るものが多いとされています。

ただし、3ヶ月以上にわたり痛みが長引いてしまうと難治性の腰痛に陥っていることが考えられます。

では長引いてしまう原因とは何なのか?(詳細はこちらのページへ)
腰痛治療のグローバルスタンダードでは、腰痛の転機には心理・社会的な要因が大きく関わるとされています。重要な心理的要因としては、不安や抑うつ、恐怖回避思考、身体化などが挙げられます。

ここで出てくる恐怖回避思考とは、腰痛への不安や恐怖感、自分の腰やその他の部位に出てくる痛みに対するネガティブなイメージにより、体を動かすことを恐れて、過度な安静を取ってしまう思考のことを指します。

腰痛を恐れて予防や治療に重要な運動習慣を継続的に行えなくなる逃避的な認知過程であり、特に腰痛発症後の最も重要な予後規定因子となっています。

また身体化とは痛みとは別に、めまい、頭痛、動悸、下痢、便秘などの症状が併発していることいいます。腰痛に加えてこうした症状を訴える患者さんがいた場合、慢性化してしまう難治性腰痛の危険性があることを理解しておく必要があります。

長引く腰痛と脳内鎮痛メカニズム

脳には本来、痛みを感じた際に中脳腹側被蓋野からドーパミンを介して脊髄後角レベルで疼痛を抑制する下行性疼痛抑制系があります。

しかし生まれつき誰にでも備わっているこの疼痛抑制機構は、腰痛に対する不安・恐怖・恐怖回避思考などが高まることによって、正常に機能しなくなることが最近の研究で分かっています。

こうした心理・社会的要因で脳内の鎮痛メカニズムに障害が起こることによっても、腰痛の慢性化につながることになります。

長引く腰痛を防ぐ工夫

これらのことを踏まえると、診察・治療の初期段階で留意することは、過度に痛みを恐れず、仕事や家事などを維持するほうが、腰痛に対して効果的だというエビデンスがあることを強調する必要があります。

例えば「世界共通の腰痛診療のスタンダードでは、腰痛が起こった場合は過度の安静は避け、痛みの範囲内で動いた方が良いとされています。つまり、普段通りの活動をしていた方がその後の経過が良いということがわかっています。」などと説明することが推奨されます。

加えて、現状では非特異的腰痛に対する画像診断は予後判定に有効ではないため、脊柱の変性や脊柱管狭搾が画像診断で発見できたとしても、患者さんへはその部分に特化した説明は避けるべきです。

昔から「病は気から」という言葉がありますが、あまり「痛み」という症状フォーカスしすぎた説明は避けて、痛みに苦しんでいる方への理解や共感の気持ちを込めたアドバイスが望ましいのです。

レッドフラッグ

担当した患者さんとの最初の問診でもう1つ大切なことは、重篤な脊椎病変の可能性があるレッドフラッグを確認することです。

レッドフラッグは腰痛以外に認められる徴候であり、その例として20歳未満または50歳を超えて症状出現、最近の激しい外傷歴、一定で進行性の非機械的な疼痛(安静時に軽減しない)、胸部痛、悪性腫瘍の既往歴、ステロイド剤の長期使用、薬物乱用、免疫抑制、原因不明な体重減少、広範な神経学的症状(馬尾症候群を含む)、発熱などがあります。

レッドフラッグにあてはまる可能性がある場合は、感染症、炎症性リウマチ疾患、または癌などの重篤な基礎疾患を除外するための詳細な検査が必要とされます。

また馬尾症候群は、患者さんが膀胱機能障害、括約筋の障害、サドル麻痺、下肢の全体的衰弱や進行性衰弱、歩行障害などの症状を訴える場合に存在する可能性が高いといわれています。

いずれにせよ、初回の評価時に適切な病歴聴取と理学的検査からなる診断的トリアージを実施し、重篤な脊椎病変と神経根性疼痛の可能性が無い場合にはじめて非特異的腰痛として対応するケースになります。

腰痛の原因


姿勢と生活習慣

ここからは腰痛の原因についての話になります。よく「姿勢が悪いと腰痛になりやすくなる」という話を聞きます。

なぜ悪い姿勢(脊柱・骨盤・下肢のマルアライメント)は腰痛の原因になってしまうのでしょうか?

まずマルアライメントになってしまう原因を、前方頭位、胸椎後弯、腰椎前弯・骨盤前傾となる「前後弯型姿勢」の方を例にしてみましょう。

こうした姿勢は、背中を丸めて机に向かっていたり、腰を反らせて物を持ち上げていたり、うつ伏せで長時間過ごしていたりする習慣が普段からある方に多いです。

つまり普段の生活習慣がマルアライメントの原因になっているという事なのです。

筋のインバランス

そしてマルアライメントは筋のインバランスを生じさせます。
つまりマルアライメントによって伸長を維持された筋は、筋節(サルコメア)を増加させて筋が延長します。逆に短くなる位置で維持された筋は、筋節を失って短縮します。

重要なのはこの延長・短縮といった筋の長さの変化が「筋の長さ-張力曲線」においては、適切な筋張力が発揮できない長さにシフトしていることです。つまり筋は短すぎても、長すぎてもダメということです。

筋のインバランスによって筋張力の変化が起こると、次第に正常な関節の動きから逸脱してくるようになります。逸脱した運動はパターン化し、特定の方向へ動きやすい状況を作り出します。

そして、特定の方向へのストレスや運動により引き起こされる微細な損傷によって痛みが起こってしまいます。

この疼痛惹起のメカニズムが腰部で起こることがいわゆる腰痛なのです。

相対的柔軟性

関節の特定方向への動きやすさは、相対的柔軟性によってその運動パターン化を決定づけます。

「複数関節の動きが伴う運動において、運動は最も抵抗の少ない部位の関節から起こる」これを相対的柔軟性といいます。

つまり硬い部位があると、運動時には柔らかい部位が代償的に動いていくということです。

例えば、身体全体で後方へ反るような運動をした際に、股関節伸展に抵抗があり、腰椎伸展が動きやすければ、当然運動は腰椎伸展から起こるはずです。しかし本来は股関節伸展から起こるべき運動なので、ここに特定方向への動きやすさが存在し、腰椎伸展という代償動作が運動初期に起こってしまっています。

このストレスが繰り返されれば、腰椎伸展によって腰痛が生じることになります。

これは一例ですが、筋のインバランスによる正常な関節運動からの逸脱と相対的柔軟性によって様々な腰痛が起こることになるのです。

まとめ

腰痛の基本的な知識について挙げさせて頂きました。まずは初期段階でレッドフラッグの兆候を見逃さず、仮にそういった可能性がある場合は専門医での診察を勧めることが重要です。

ハイリスク腰痛群を除外した上で、目の前の患者さんは心理・社会的要因による影響を受けているのか、主要な問題はマルアライメントを原因とするメカニカルストレスによる腰痛なのかを考えることが大切です。

メンタルの影響が強く、通常の対応では治療が奏功しないのであれば、痛みに対する共感や理解を示しつつ、場合によっては認知行動療法などの手法で具体的な介入が必要になるかもしれません。

そういった対応もしつつ、メカニカルストレスに対する治療も同時に行っていくことが望ましいです。

スポンサーリンク
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする